雑多, 音楽

cubaseロジカルエディタ、MIDI頭にモジュレーション(CC1)を挿入する。

こんにちは!GAMの相葉まことですッ!

今回はロジカルエディタの話です。
まずモジュレーションをMIDIの頭に挿入とはなんぞや、ですが、下記画像をご参照ください

このようにMIDIの区切りでモジュレーションを入れられます。例えばベロシティ対応していないオケ音源などの強弱表現に便利です。

早速内容を見ていきましょう

上の段が、選択したMIDIに対して、という意味合いになります。
上は単純ですが、下の段が厄介です。

値1はCC1番(モジュレーション)を意味しております。
値2はCC1に0~127の数値のうち、64を入力する、という内容です。
そして最後にタイプですが、これを入れることで、値1の内容がCCを指定するという内容に変わります。

タイプは前後どちらにあっても良いはずですが、これを入れることにより値1の内容が変化する、というのがポイントです。

そして最後に機能を変換ではなく挿入にして、プリセット保存しましょう。
プリセット保存することにより、キーボードショートカットから登録できるし、マクロとして組み込むことも可能となります。

また、今回は64で挿入としましたが、どうやら数値を決めないと挿入出来ないようです。なのでちょうど半分の64としました。


cubaseはバージョン9.5.41で作っておりますが、大体のバージョンで動作は一致するはずですので、このステータスを真似るだけで簡単にモジュレーション挿入が可能です。ぜひご活用ください。

作成者: gam-makoto

打込みで作曲や、お絵描きをしております。ソフトはcubase9pro,sai,photoshop,Painterなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です